元気が出る話100総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事SBI証券
今、注目のシステムトレードなら◆ひまわり証券◆

投資信託インデックスファンド日経225オプションネット証券

サブプライムローンが引き起こした「株価の下落」

Powered by JANet
momobgyoko.JPG

サブプライムローン問題
「株価の下落」
不動産投資はどうなる?「サブプライムローン問題」



世界の自動車メーカーとトップだったGMが破産申請手続きをとりましたね。
これで、アメリカの基幹産業ともいえる自動車製造が実質的に世界のトップから滑り落ちたことになります。

さて、GM破産の引き金を引いたであろうアメリカのサブプライムローン問題によって、アメリカの景気は低迷し、それによって日本の経済事情は様々な影響を受けています。
実は、2007年から続いている、株価の下落もその中の1つです。

2007年終盤から、日本だけではなく世界の株式市場が低迷しています。
中でも日本の市場は、円高・ドル安という要素も加わって、2008年の日経平均株価では1万3000円を下回る場合もありました。
日本の市場はアメリカの市場と大きく関係しており、アメリカの市場が下がればそれに比例して日本の市場も下がる傾向にあります。
ですがアメリカ市場が上がった場合は、残念なことに日本の市場はすぐには上がっていきません。
このままアメリカの市場の低迷が続き円高状態が続くことになると、日本の株式市場はますます悪化していくこととなってしまうでしょう。

外貨建ての商品についても注意が必要ですよ。
最近では海外資産を対象にした投資信託を利用する個人投資家も多いですが、当然ですがこれらの商品は、常に外貨の変動リスクにさらされていることになります。
米ドルに対しては円高が進んでいますし、人気があるオーストラリアドルやニュージーランドドルに関しても、円高傾向にあります。外貨預金や外貨建ての債権に投資していた人々は既に少なからず損失をこうむっているでしょう。

為替は相場なので、今後どのような動きをするのか分かりませんが、このまま円高傾向が続く可能性もあるので、外貨建ての商品に投資している人は、為替の差損について十分に注意しておきましょう。

2011年まで待ちなさい! ~世界経済の裏を知る!元外資系投資銀行社長が書いた!3年後にお金持ちになる資産運用

2011年まで待ちなさい! ~世界経済の裏を知る!元外資系投資銀行社長が書いた!3年後にお金持ちになる資産運用

  • 作者: 菅下 清廣
  • 出版社/メーカー: フォレスト出版
  • 発売日: 2009/05/22
  • メディア: 単行本





posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 12:37 | Comment(0) | サブプライムローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サブプライムローンの「証券化」とは

マンション経営を安心・確実な方法でサポートします!

momobgyoko.JPG

サブプライムローンの「証券化」とは
サブプライムローンと不動産投資

景気低迷のきっかけとなったと言われるアメリカの住宅ローン、「サブプライムローン」
低所得の人や信用度の低い人を対象にした住宅ローンですが、いくら住宅価格の上昇が背景にあったにしても、完済が難しいと思われる人々を対象にしたローンのリスクの高さは、客観的に見ればやはり明らかですよね。日本では、不動産取引にしろ、住宅ローンにしろ、なかなか銀行は通りません。

ですがサブプライムローンはどんどん広められていき、それを元にした金融商品がどんどん出回るようになりました。
そのような商品を利用している人々は皆、強い危機感は感じることなく、「自分は大丈夫」という疑わしい安心感を持っていました。なぜこのような事態を引き起こしたのでしょう。
そこには、「証券化」という金融技術が大きく関わっているのです。
日本ではあまり馴染み深くありませんが、アメリカでは、不動産取引と同じように、住宅ローンも転売されるのが一般的です。
融資を開始してからローンを転売することを目的としている貸し手のことを「モーゲージ・バンク」と呼んでいます。
モーゲージ・バンクは、どのようにローンを転売するのでしょう。
ここで使われるのが、「証券化」という仕組みです。

証券化とは、他に何もしていない名前だけの会社に資産を売却して、その会社が資産を購入するために証券を発行するという仕組みのことを言います。
この時発行される債券(借金)は、「RMBS」と呼ばれています。
RMBSは「レジデンシャル・モーゲージ・バックト・セキュリティーズ」という長い呼び名の略語です。
RMBSは、主に保険会社や銀行など、機関投資家が投資対象となっています。
このRMBSが、サブプライムローン問題の大きな原因となったものだと言えるのです。




お金がない?それは財布のせいではないですか?




posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 16:45 | Comment(0) | サブプライムローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私達の生活に影響を及ぼすサブプライムローン

   Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

私生活に影響を及ぼす
不動産投資はどうなる?「サブプライムローン問題」

アメリカのサブプライムローン問題は、アメリカだけでなく欧米や日本の金融市場にも様々な影響を与えています。
まだしばらくはこの問題は続くと考えられていて、今後、さらに色々なところに影響を及ぼすことが予想されています。
現在、私達の生活に直接大きな影響を与えていることといえば、ガソリン価格や、物価も不安定なものがありますよね。
いったいいつまで続くの?と頭を抱えている人も多いかと思いますが、これらの出来事にはサブプライムローン問題が少なからず影響しているのです。
サブプライムローン問題によりアメリカの金融市場は低迷し、「ドル安」が進んでいます。
ドル安になっているということは、米ドル価格での交換比率が不利になっているということで、その分供給される原油や資源の価格が上昇してしまうということになっているのです。
原油や資源の価格自体が上昇しているのではなく、米ドルの価値が低下してしまったことを意味しています。
その他にも、ドル安は、日本の企業の競争心を奪うことにもつながってしまいます。
ドル安は、つまり円高ということですが、例えば自動車を例にとってみると、1ドル125円の時は、100万円の自動車は800ドルということになりますが、1ドル100円の円高になると、100万円で売るためには、実際には1万ドルで販売しなくてはいけないということになります。
これでは企業側のやる気も失せてしまいますよね。
日本にとって景気低迷のきっかけとなってしまい、今後もマイナス材料となるわけです。

金持ち父さん貧乏父さん

金持ち父さん貧乏父さん

  • 作者: ロバート キヨサキ
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2000/11/09
  • メディア: 単行本



金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント

posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 11:34 | Comment(0) | サブプライムローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
安い快適楽天BB
深刻な不況により、不動産価格が軒並み値下がりしています。
首都圏のマンションの在庫はなんと1万戸!
値引きの平均は20%引。住宅ローン減税も手伝って、
今がお買い得と思われる方も増えています。

一方、この不況下で住宅ローンは通るのか。
大きい買い物をして大丈夫か。
と不安を抱えている方もいらっしゃると思います。

はじめて不動産を売買する方に向けた無料のコンサルティングが
受けられます。

無料コンサルティング

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。