元気が出る話100総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事SBI証券
今、注目のシステムトレードなら◆ひまわり証券◆

投資信託インデックスファンド日経225オプションネット証券

大豆

サブプライムローン 不動産投資 商品先物取引
大豆

日本人の生活の中で、大豆はかなり重要なポジションを占めているといえます。
和食の食卓には欠かすことが出来ないしょうゆとみそは、大豆から作られているのです。この他にも、納豆や豆腐など、大豆を使った料理は数知れません。
しかし、そんな大豆ですが、日本の景気とリンクするという事はあまりありません。
というのも、需要に関してはほぼ固定化されているからです。
そして、その供給はアメリカが中心なので、結果的にはトウモロコシとほぼ同じ性質の商品となります。
日本人にとっては大豆とトウモロコシには大きな隔たりがあるのですが、商品先物取引の観点から見ると、この二つは同じような商品なのです。
大豆も、トウモロコシ同様天候などによる価格変動があります。
6?7月にアメリカで日照りが続くと、作物の収穫量が減少し、市場に影響を及ぼします。
また、アメリカの景気も当然左右してきます。
大豆トウモロコシに限りませんが、市場価格と商品先物取引の価格が必ずしもリンクするとは限りません。
市場価格が安いと食卓に多く大豆商品が提供され、その分商品先物取引の銘柄としても人気が出るというのは、間違いではないでしょう。
しかし、そのままの動きをするならば、それは非常に簡単な金融取引となりますよね。
市場価格さえ抑えておけばいいのですから。しかし実際には、そのような忠実な動きはまずしません。
金融取引は人と人との心理戦のような部分もありますから。
有利な条件が不利に働く事も、決して少なくはないのです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

株式投資 証券会社の選び方【手数料編】株式投資 証券会社の選び方【情報サービス編】株式投資 証券会社の選び方【サポート編】株式投資 証券会社の選び方【セキュリティ編】 株式投資 証券会社の主な種類株式投資 実際に株を買う




posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 21:33 | Comment(0) | 金融 証券関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銀、プラチナ

サブプライムローン 不動産取引 商品先物取引
銀、プラチナ

品先物取引において、金以外の金属というのはやや地味な印象を受けます。
その中にあって、銀というのは特に地味な印象ですね。ただ、実は結構日常生活に密着した金属でもあります。
商品先物取引においても、その点を知っておくと有利になる事があるでしょう。
の商品先物取引において覚えておくべきなのは、やはり需要と供給のポイントです。
は写真フィルムに使用されるので、以前はこの需要が最も高かったようです。しかし、デジカメと携帯電話のカメラが普及した今、フィルム需要は大きく減少しています。
宝飾品としての需要は安定していますが、最近は投資向けの需要が伸びており、2004〜07年までは良い伸びを見せていました。
しかし2008年にはリーマンショックの影響で急落しています。
また、プラチナに関してもほぼ同じ動きです。
このプラチナ、即ち白金と言えば、宝飾品のイメージが非常に強いですが、実際には車に使用する自動車触媒としての需要が高いようです。
同様、リーマンショックの影響で急激に落ちてしまいました。ただ、宝飾品としての価値は相変わらず高いと言えます。
こういった金ほどメジャーではないものの、高価な金属と言われるものは、近年においては投資向けの需要が非常に高いと言えます。
フィルムや車に使用されているという事は、それらの生産数を追う必要があるのですが、ここ数年はあまり反映されていません。投資商品としての性質が強くなっている為と思われます。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

FX取引 用語 リーマンショックFX取引 用語 アメリカドルFX取引 用語 ニュージーランドドル



posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 09:51 | Comment(0) | 金融 証券関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

指成注文と引成注文

サブプライムローン 不動産投資
指成注文と引成注文

商品先物取引においては、まだそこまで注文の種類が多いわけではありません。
FXのような非常に複雑な注文方法はなく、基本的には商品先物取引の注文は成り行き、指値での注文となります。ただ、中にはやや特殊な注文方法もあります。
まず、「指成注文」についてです。
指成注文というのは、日中においては普通の「指値注文」として扱われます。ただし、その指定した金額に商品が上下してくるとは限りません。
もし最後までその金額に届かなかった場合、普通の指値注文では取引不成立となります。
しかし、この指成注文の場合、日中約定しなかったら、大引け、即ち最後の最後で成り行き注文として取り扱われる事になります。よって、その日の最終価格で売買が行われるのです。
また、「引成注文」というものもあります。
引成注文は、大引けでのみ成り行きに変わる指成注文に対し、前場、すなわち午前中に出せば午前の最後に成り行き注文に変わり、後場、すなわち午後に出した場合は大引けで成り行きとなる、という注文方法です。
よって、午前中にどうしても約定させたい場合に有効な注文です。
この二つの注文は、商品先物取引においてはザラバ取引でのみ使用されます。基本的には、両方とも「できるだけこの日に約定させたい」という状況で使用する注文です。
例えば、デイトレードで自分的なルールを作っており、明日に取引を回さないというポリシーのある場合。
あるいは、週末の前の日で、どうしても来週に持ち越したくないという場合。
こういった場合に使用すると良いでしょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

株式投資 短期の投資 株式投資 中長期の投資 株式投資 情報収集はどうやって?

posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 10:20 | Comment(0) | 金融 証券関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

商品先物取引の歴史

サププライムローン 不動産投資
商品先物取引の歴史

商品先物取引の歴史は、意外と古かったりします。
最初に国内で商品先物取引が行われたのは、1730年、即ち江戸時代だといわれています。しかも、実はそれより前の1600年代に、既にその全身となる取引が行われていたという記述もあります。
明確に幕府が取引を許可した1730年を基準としても、既に280年もの歴史があるわけです。
これは金融取引の中ではかなり歴史が深い部類に入るのではないでしょうか。尚、その際に取引された商品はです。
その後も、米の先物取引はずっと行われていきましたが、1939年、第二次世界大戦時に米流通統制が行われ、廃止しています。
商品先物取引自体は終戦後の1950年以降に再開されましたが、米の先物取引は未だに再開されておらず、その目処も立っていないのが現状です。
米は日本における最も主流な農作物であって、日本の食文化の象徴である事は、誰しもが認識している事です。その米での取引がなされていないというのは、少々寂しいところですね。
商品先物取引が300年近く前から行われていた事には、多くの方が驚きを覚えるところでしょう。
ただ、取引という概念はその数百年、数千年前から行われていたので、農作物などの生活に根付いた物に対して価値の変動があり、それを利用して利益を得るという概念が江戸時代にあったとしても、それほど不思議ではないかもしれません。
こういったものは、科学の発展などとは違い、庶民でも行える工夫ですから。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 08:53 | Comment(0) | 金融 証券関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

≫FX用語 塩漬け

金融証券 マネー【億の細道】
http://okuno-hosomichi.seesaa.net/
≫FX用語 塩漬け


サブプライムローンとは?
【明細記事】
posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 12:45 | Comment(0) | 金融 証券関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界の指数 その2

サププライムローン 不動産投資 インデックスファンド
世界の指数 その2

posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 20:45 | Comment(0) | 金融 証券関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
安い快適楽天BB
深刻な不況により、不動産価格が軒並み値下がりしています。
首都圏のマンションの在庫はなんと1万戸!
値引きの平均は20%引。住宅ローン減税も手伝って、
今がお買い得と思われる方も増えています。

一方、この不況下で住宅ローンは通るのか。
大きい買い物をして大丈夫か。
と不安を抱えている方もいらっしゃると思います。

はじめて不動産を売買する方に向けた無料のコンサルティングが
受けられます。

無料コンサルティング

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。