元気が出る話100総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事SBI証券
今、注目のシステムトレードなら◆ひまわり証券◆

投資信託インデックスファンド日経225オプションネット証券

投資信託のコスト

サブプライムローン 不動産投資 投資信託 資産運用
投資信託のコスト

投資信託に限らず株価を購入する場合には、コストというものを充分に考慮してから購入するようにしなければなりません。

投資信託に関するコストというのは色々な手数料の事を指していて、売買のときにかかる手数料、所得税や消費税などの税金など様々なものがコストとしてかかります。

投資信託のコストには二つの種類があって、購入時にかかる販売手数料や換金時にかかる換金手数料、源泉徴収税、分配金にかかる税金など直接的に負担しなければならない手数料という種類と、ファンドを購入するときに募集をかけていますがその募集手数料、売買委託手数料など間接的に負担しなければならない手数料という種類があります。

では、もっと詳しく見てみたいと思います。
直接的に負担しなければならないコスト】
○購入時に関わるコスト
 ・ファンドを販売するときにかかる販売手数料がかかります。通常は基準価額の1〜3%程度の手数料を支払わなければなりません。
但し、一部ノーロードファンドなど無料のものもありますので、詳しくは販売会社に確認するようにしましょう。

○換金時に関わるコスト
 ・信託財産保留額というコストが必要な場合がありますが、これはファンドに依存します。
 ・所得税や住民税は利益が出ている場合にのみ課税されるコストになります。

間接的に負担しなければならないコスト】
○購入時に関わるコスト
 ・単位型投資信託の場合に、募集価額として内枠に提示されているので間接的に支払っているというコストになります。

○保有時に関わるコスト
 ・運用・販売・管理の各会社に対して管理報酬信託報酬という形で支払わなければならないコストです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 10:32 | Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
安い快適楽天BB
深刻な不況により、不動産価格が軒並み値下がりしています。
首都圏のマンションの在庫はなんと1万戸!
値引きの平均は20%引。住宅ローン減税も手伝って、
今がお買い得と思われる方も増えています。

一方、この不況下で住宅ローンは通るのか。
大きい買い物をして大丈夫か。
と不安を抱えている方もいらっしゃると思います。

はじめて不動産を売買する方に向けた無料のコンサルティングが
受けられます。

無料コンサルティング

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。