元気が出る話100総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事SBI証券
今、注目のシステムトレードなら◆ひまわり証券◆

投資信託インデックスファンド日経225オプションネット証券

サブプライムローン問題と日本のバブル経済崩壊の類似点



 

アメリカの「サブプライムローン」による不良債権の増加は、アメリカ経済に大きな影響を与えました。

日本でも同じように不良債権が大きな問題となっていた時期があります。
当時の不良債権が増えた大きな原因は、バブル経済の崩壊です。

1980年後半になり、日本は円高によって景気がぐんぐん良くなります。
そして土地やマンションなどの不動産や株、絵画などの美術品までも、どんどん値上がりしていきました。

お金をたくさん持っている人が増え、新しく企業を立ち上げる人も増えます。
銀行などの金融機関は、そうした新しい企業の審査をきちんとせずに、どんどんお金を貸し付けていました。

価格が上昇していく不動産を担保に、安心して貸し付けていたのです。
ですが、景気は徐所に悪くなっていきます。

新しく設立された会社のほとんどが業績不振となり、金融機関に借りたお金の返済ができなくなります。

担保としていた不動産を売却しても、不動産の価格も大きく低下しているので借金返済にはいたらず、結局貸したままのお金が不良債権となり、景気は低迷したまま、現在にいたるというわけです。

アメリカのサブプライムローンは日本のバブル期と同様に、住宅価格が上昇してマイホームを持つ人が増えたことが背景となっています。

住宅価格が低下していったことによって起こったサブプライムローン問題と、日本のバブル期が引き起こした問題、とてもよく似ていますよね。
両者とも、金融機関の安易な貸付が引き起こした問題と言えるのです。




驚異の年率100%を実現する伝説の海外投資とは?国家破産対策、税金対策まで全て叶えます!

posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 12:23 | Comment(0) | サブプライムローン問題と日本のバブル経済崩壊の類似点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
安い快適楽天BB
深刻な不況により、不動産価格が軒並み値下がりしています。
首都圏のマンションの在庫はなんと1万戸!
値引きの平均は20%引。住宅ローン減税も手伝って、
今がお買い得と思われる方も増えています。

一方、この不況下で住宅ローンは通るのか。
大きい買い物をして大丈夫か。
と不安を抱えている方もいらっしゃると思います。

はじめて不動産を売買する方に向けた無料のコンサルティングが
受けられます。

無料コンサルティング

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。