元気が出る話100総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事SBI証券
今、注目のシステムトレードなら◆ひまわり証券◆

投資信託インデックスファンド日経225オプションネット証券

住宅ローン

サブプライムローン 不動産投資 リストラ対策
住宅ローン

サラリーマンの収入は景気に大きく左右されます。
そのことがここ数ヶ月の大不況の中で改めて感じられるようになりました。景気がよかった頃に思い切ってマイホームを建て、30年ローンを組んで返済し始めたところだったのに、という「何もこのタイミングで不況の波が来なくても」と嘆く人もいると思います。
ボーナスの大部分をローン返済に充てていた人にとって、多くの会社でボーナスがカットされている現況は大きな不安材料となっていることでしょう。突然のリストラとなるとなおさらです。
真面目に勤めていた会社にリストラされ、建てたばかりの家を泣く泣く手放す人もいるかと思います。
確かに失業後の家計をもっとも圧迫するのが住宅ローンの返済です。だからと言って、毎月の返済を滞らせるのは大変危険です。
例えば公庫融資の場合、返済が遅れると督促通知が届き、支払い期日の翌日から即、年14.5%の延滞損害金を支払う義務が生じます。
さらに6ヶ月以上滞納すると、保障協会が肩代わりをして全額返済をすることになっています。
その後、保障協会から一括返済の請求がなされますが、月々の返済を滞納しているのですから残額を一括返済できない場合が多いでしょう。
それが支払えないとなると、差し押さえや競売などの措置がとられ、最終的にマイホームを手放すことになってしまいます。
そんなことにならないよう、他の生活費を抑えられるような対策をとりましょう。
失業して住宅ローンの返済が厳しくなるのは、再就職が決まるまでの一時期のことです。
その間に悲惨な結果を残さないよう、どうしてもそれまで通りの返済額で無理なら金融機関に返済期間の延長を相談するなどの対策をとっておきましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 11:45 | Comment(0) | 公的住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サブプライムローンに似た日本の住宅ローン


アメリカだけでなく、欧州や日本など、世界各国の経済事情に大きな影響を与えているアメリカの住宅ローン「サブプライムローン」ですが、日本の一般的な住宅ローンにも、サブプライムローンに似た危険性を持っているローンがたくさんあります。

サブプライムローンは、高金利ローンとして知られていますが、最初の数年間は低金利で利用しやすいという点が大きな特徴です。
低所得者でも気軽に借り入れしやすく、また金利が上がった時には不動産を担保に別のローンに借り換えることが容易だったために、たくさんの人に利用されていました。
結局、不動産の価値が下がり、また金利も上昇したことで返済できなくなる人が増えてしまいました。不動産を売却しても回収することができなくなり、不良債権が増えることとなってしまったわけですが、最近の日本の住宅ローンは低金利競争が激しく、サブプライムローンのような借り入れしやすいローンが増えているのです。

ですがこうしたローンは、最初の3年や5年間は固定金利で安心ですが、それ以降は金利の優遇幅がかなり小さくなり、金利が上がって返済に苦労してしまう場合があります。

現在の日本では、住宅の価格は上向きなので、借りかえることも可能ですが、サブプライムローン問題のように、いつ状況が変わるか分かりませんね。

ローンの金利上昇による不安をなくすためには、目先の金利の低さにまどわされることなく、初めの金利は多少高めでも、10年以上の長期固定型のローンを選ぶことをおすすめします。

儲けるのがこんなに簡単だったなんて・・・
posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 18:43 | Comment(0) | 公的住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公的な住宅ローン

最近よくテレビの経済ニュースなどで話題に取り上げられているサブプライムローンは、景気を低迷させるきっかけとなったアメリカの住宅ローンです。
住宅価格が上昇し続けている時代に広く利用されましたが、結果的に不良債権を増やすことになってしまいました。

日本でも様々な住宅ローンがありますが、以前は日本の住宅ローンといえば公的な住宅ローン「住宅金融公庫」が主流でしたね。現在では民間の住宅ローンを住宅金融支援機構が買い取る形をとっています。

アメリカの住宅ローン事情をみてみると、日本と同じように、公的な機関が民間の住宅ローンを買い取って運営しているものもあります。
gaikajpg

一般的に考えてみると、国民一人ひとりが自己保有の家に住むことが望ましいとされていて、マイホームを持ちやすくするために公的機関が住宅ローンを支援することは、国にとっても良いことであるのです。

公的機関は、どんな住宅ローンでも購入するわけではありません。
購入されるにはやはり一定の基準が必要で、この基準が満たされた融資は「コンフォーミング」と呼ばれています。
コンフォーミングは「規格内」という意味があり、サブプライムローンはコンフォーミングではない、ということになります。

ただし、大金持ちに融資する住宅ローンは、コンフォーミングには含まれません。
公的援助は、たくさんの人が住宅を持てるための援助であり、安易に家を持つことができる人は対象ではないのです。
数億円、数十億円などの高価な家を購入する人のためのローンは、「ジャンボ」と呼ばれています。



FX(外国為替証拠金取引)のバイブルはこれです。


posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 08:33 | Comment(0) | 公的住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
安い快適楽天BB
深刻な不況により、不動産価格が軒並み値下がりしています。
首都圏のマンションの在庫はなんと1万戸!
値引きの平均は20%引。住宅ローン減税も手伝って、
今がお買い得と思われる方も増えています。

一方、この不況下で住宅ローンは通るのか。
大きい買い物をして大丈夫か。
と不安を抱えている方もいらっしゃると思います。

はじめて不動産を売買する方に向けた無料のコンサルティングが
受けられます。

無料コンサルティング

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。