元気が出る話100総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事SBI証券
今、注目のシステムトレードなら◆ひまわり証券◆

投資信託インデックスファンド日経225オプションネット証券

FXシステムポートフォリオ

サブプライムローン 不動産投資 マネー FX
FXシステムポートフォリオ

「FXシステムポートフォリオ」についてご紹介します。
このFX情報商材は、その名の通り、ポートフォリオの方向性をFXで再現するという情報商材です。

ポートフォリオというのは、いくつかの金融商品に対して分散投資を行う場合、またその金融商品の組み合わせの事を指します。
これは、集中投資する場合に発生するリスクを減らし、堅実な成果を目指す為です。
先のリーマンショックのように、全体が大きく下落するというケースを除けば、この分散投資によるリスクヘッジ、すなわち少しでもリスクを避けるやり方というのはとても異議のあるものになります。
一つのペアに集中的に投資していた場合、その投資していた通貨ペアが大きく値を下げてしまう可能性があるからです。

国によって経済状況の変化はそれぞれなので、一つのペアが急に値を下げるというのはよくあることです。
その場合に少しでも損を減らすには、それだけに投資するのではなく、いくつかのペアに投資するのが一番なのです。
この「FXシステムポートフォリオ」という情報商材は、それをしっかり行っています。

もう一つの「FXシステムポートフォリオ」の特徴としては、初心者に適しているという点が挙げられるでしょう。
初心者はどうしても「どのタイミングで買う」「どのタイミングで売る」というのがわからないものです。
しかしこの商材は、しっかりそのタイミングを自動で分析し、発信してくれます。
なので、初心者でも全く問題なくFXで勝負が出来るという事です。
勝負は時の運ですが、合理的な面から、稼ぐ事ができる可能性は高いのではないかと思います。

FXで貧乏脱出する完全成功指南書

No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券






posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 09:21 | Comment(0) | 金融・証券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FX取引用語 証券アナリスト

現在、アメリカを始め、世界の銀行 証券市場は大きな不況の波に飲まれています。
無論、日本も例外ではありません。
日本における国内株取引は、こぞって多くの銘柄が大きく値を落とし、投資家の頭を悩ませています。
回復の見込みも今のところ薄く、国内における金融取引に限界を感じている方も少なくないでしょう。


そんな中、注目されているのがFX取引です。
FXには不況に強いという一面があり、そこに目を向ける投資家が急増しています。
そして、それをいち早くアナウンスしているのが、証券アナリストです。
証券アナリストとは、分析家の事ですね。
FX取引用語の一つとしても紹介されているこの証券アナリストは、証券会社アナリスト、といった使われ方をします。
この場合は証券会社について分析している人のことをさすのです。


証券アナリストレポートというのもありますが、これは銀行証券アナリストの分析をまとめた文章です。
FX用語を知らないとしっかり意味を把握できないので、用語を事前に勉強する必要がありますが、このレポートは初心者、上級者に関係なくとても便利なものです。
何故FXが不況に強いのか、今のFX取引がどのような状況なのかといった分析も各所で行われているので、FX取引に興味がある方はまず銀行FX用語を勉強して、その後このレポートを見ると良いでしょう。

分析家というのは、その道のプロです。
ですが、必ずしもすべての言葉が正しいというわけでもありません。
あくまでも分析というのは過去の事例やデータを整理し、それから未来を予測する為のもので、確実ではないのです。
利用する際にはその点も注意しておきましょう。





posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 09:11 | Comment(0) | 金融・証券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不況の出版界に救世主!?

長引く不況の中、モロにその影響を受けている出版界に、皮肉にも金融不安や恐慌をテーマにした本の売れ行きが良いそうです。
麻生太郎首相がカウントダウン寸前の解散を先送りしてまで景気対策を優先したのにも「100年に一度の経済危機」と言わしめる危機感の表れです。
そこで、今日はその金融危機を扱った本をご紹介します。

『世界金融恐慌』

世界経済のメカニズムを解剖


『強欲資本主義 ウォール街の自爆』

米国の金融危機の内幕を描く


『大暴落1929』

バブル崩壊、株価暴落後の必読本


『波乱の時代』

サブプライム問題を語る

『恐慌前夜』

アメリカと心中する日本経済

今回のブームの背景について、「バブル経済が崩壊した10年以上前は楽観的な本が売れたが、今回は国民生活に直結する切実な悲観論が読まれる傾向があるようだ」と分析しています。
posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 07:57 | Comment(0) | 金融・証券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
安い快適楽天BB
深刻な不況により、不動産価格が軒並み値下がりしています。
首都圏のマンションの在庫はなんと1万戸!
値引きの平均は20%引。住宅ローン減税も手伝って、
今がお買い得と思われる方も増えています。

一方、この不況下で住宅ローンは通るのか。
大きい買い物をして大丈夫か。
と不安を抱えている方もいらっしゃると思います。

はじめて不動産を売買する方に向けた無料のコンサルティングが
受けられます。

無料コンサルティング

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。