元気が出る話100総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事SBI証券
今、注目のシステムトレードなら◆ひまわり証券◆

投資信託インデックスファンド日経225オプションネット証券

サブプライムローン問題の「公的政策」

景気を低迷させる要因となったアメリカの「サブプライムローン」。
不動産価格が低下し不良債権が増え、金融機関が大きな打撃を受ける結果となりました。
2008年9月になり、ようやくアメリカ政府は株価が急落している「連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)」と、「連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)」の2社に公的資金を注入し、公的管理化におくことを発表しました。注入される資金額は数兆円にも及ぶとみられており、アメリカ史上、最大規模の救済劇となります。

日本では90年代から約15年続いた「不良債権問題」の際に、同じように公的資金導入や、一部の銀行の国有化など、様々な政策がとられていました。
問題が発生した当初は、民間の金融機関は情報開示に消極的で、自分達の力で回復できそうな、でもやっぱり無理かな・・・というような、宙ぶらりんの状態でした。
結局最後に行われた公的資金導入による政策は、それまでの穴埋めをするような形となりました。

日本の例を考えてみても、一般的に、金融不安を解消するための公的政策は、問題が表面化してからなるべく早い方が良いと考えられています。
ですがサブプライムローンのような大規模な問題において、アメリカ政府の公的政策が遅くなったのはどうしてなのでしょう。

アメリカでは、通常、政府は手助けしてくれないもの、として考えられているのです。
損害が出たらとことん落ちてしまうのですが、それを自分達の力で回復しようという強い精神を持っていたのです。

ですが、今となってアメリカ政府が公的政策を開始した、ということは、それだけサブプライムローン問題が深刻化していることを意味しています。
今後もこの問題の解消に向けて、アメリカ政府は様々な手段をとっていくことが予想されています。日本の景気回復に大きな影響を与えることとなる、アメリカ政府の動きにこれからも注目していきましょう。
posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 10:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
安い快適楽天BB
深刻な不況により、不動産価格が軒並み値下がりしています。
首都圏のマンションの在庫はなんと1万戸!
値引きの平均は20%引。住宅ローン減税も手伝って、
今がお買い得と思われる方も増えています。

一方、この不況下で住宅ローンは通るのか。
大きい買い物をして大丈夫か。
と不安を抱えている方もいらっしゃると思います。

はじめて不動産を売買する方に向けた無料のコンサルティングが
受けられます。

無料コンサルティング

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。