元気が出る話100総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事SBI証券
今、注目のシステムトレードなら◆ひまわり証券◆

投資信託インデックスファンド日経225オプションネット証券

証券化の「格付け」とは?

アメリカのサブプライムローンは、アメリカ国内だけではなく、世界の景気を低迷させるものとなったのですが、これはサブプライムローンが証券化され、全世界で商品化されて売買されていたことが大きな原因です。
何度も証券化されることにより、サブプライムローンのリスクがどんどん移転されていきました。ですが、買い手としては、安全な商品を買いたいはずですよね。
何故サブプライムローンのようなリスクの高いローンを使った商品でも、投資する人がたくさんいたのでしょう。

これは証券化の「格付け」というものが関係しています。
格付けとは、企業が発行する社債や、証券などについて、格付け会社が元利払いの確実性を評価するものです。投資する側からすると、プロによって審査されたものなら、安心ということになります。
サブプライムローンに関する商品は、二度三度の証券化を繰り返しているものだったのでとても複雑な商品でした。投資側は、より格付けに頼ることとなったのです。

サブプライムローンのようなリスクの高い商品でも、格付け評価は良かったの?と疑問に思う人もいるかと思いますが、実際、サブプライムローンを使った商品でも、トリプルAという高い評価が付いていたのです。何故なのでしょう?

証券化は、いくつかの住宅ローンを集めて行われますが、回収できる可能性の高いものと低いものを混ぜ合わせて作られます。
通常、10個のローンのうち、回収できないローンが1個あったとしても、回収したローンから損失を防ぐことができると考えられます。
また、回収できないローンがあったとしても、住宅価格が上昇していたアメリカでは住宅担保の価値はゼロにはなりません。
これらのことから、サブプライムローンのようなリスクの高いローンであっても、「損はしない」と考えられていたのです。

ですが結果的には、この格付けは間違っていたということになってしまいました。
10個のローンのうち、回収できないのは1個か2個、と考えられていたのですが、住宅価格の低下もあり、実際には5個や6個にまでのぼってしまったのです
posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 13:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
安い快適楽天BB
深刻な不況により、不動産価格が軒並み値下がりしています。
首都圏のマンションの在庫はなんと1万戸!
値引きの平均は20%引。住宅ローン減税も手伝って、
今がお買い得と思われる方も増えています。

一方、この不況下で住宅ローンは通るのか。
大きい買い物をして大丈夫か。
と不安を抱えている方もいらっしゃると思います。

はじめて不動産を売買する方に向けた無料のコンサルティングが
受けられます。

無料コンサルティング

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。