元気が出る話100総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事SBI証券
今、注目のシステムトレードなら◆ひまわり証券◆

投資信託インデックスファンド日経225オプションネット証券

サブプライムローンは「危険なローン」だけではない

低所得の人や信用度の低い人でも、手軽に利用することができるアメリカの住宅ローン、「サブプライムローン」。
たくさんの人が利用したローンなのですが、たとえ住宅価格が上昇し続けているにしても、やはり普通で考えるとそれなりのリスクは考えられるわけです。
ですが「サブプライム」と呼ばれる人々に対するローンは昔からありましたし、日本にも、どんな人でも手軽に利用できる消費者金融は、昔から存在します。

これらのローンは社会的に問題とされるだけではなく、このようなローンに経済的な合理性があることを意味しています。
サブプライムに分類されるリスクの高い借り手に融資した場合、やはり全ての人からは回収できないことが予想されますね。例えば10人借り手がいれば、1人2人からは回収することができないと考えられます。
となると、元本が少なくなってしまうのですが、それは、全ての人から回収する「利息」によってまかなわれます。
ということは、貸し手側からすると、よりたくさんの借り手を集めた方が良い、ということになりますね。

日本の金融機関が大手企業に行う融資の利率は1%にも満たないのですが、消費者金融が設定している利率は15%を超える値になっています。
にもかかわらず、このような消費者金融を利用する人がたくさんいて、消費者金融がきちんとした利益を得ているということは、リスクの高い相手への融資もビジネスとして成り立っている、ということになりますね。
リスクの高い人は融資を受けることができない、というのではなく、それなりの条件で融資すれば金融システムが成り立つというわけです。

アメリカのサブプライムローン問題についても、このローン自体に問題がある、とは一概には言えないということですね。
過剰な融資競争と、ローンの証券化が引き起こした問題であると言えるでしょう。
posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 16:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
安い快適楽天BB
深刻な不況により、不動産価格が軒並み値下がりしています。
首都圏のマンションの在庫はなんと1万戸!
値引きの平均は20%引。住宅ローン減税も手伝って、
今がお買い得と思われる方も増えています。

一方、この不況下で住宅ローンは通るのか。
大きい買い物をして大丈夫か。
と不安を抱えている方もいらっしゃると思います。

はじめて不動産を売買する方に向けた無料のコンサルティングが
受けられます。

無料コンサルティング

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。