元気が出る話100総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事SBI証券
今、注目のシステムトレードなら◆ひまわり証券◆

投資信託インデックスファンド日経225オプションネット証券

住宅ローンの「借り換え」

アメリカの景気の低迷のきっかけとなった「サブプライムローン」。
広く普及されるようになった背景には、アメリカの住宅価格が上昇傾向にあったという点があります。
住宅価格の上昇は、サブプライムローンの「借り換え」を容易にしました。
住宅ローンの借り換えは、日本ではそれほど馴染み深いものではないのですが、アメリカでは本来頻繁に行われていたものです。

借り換えとは、もともと利用しているローンを返済するために、別の住宅ローンを借りることです。
住宅価格が上昇していた時期のアメリカでは、借り換えの中でも「増加借り換え」を行うことが可能でした。

増加借り換えとは、どのようなものでしょう。例えば5000万円で購入した家が6000万円、7000万円に値上がりすると、担保としての価値も上昇しますね。
価格が5000万円の時は4000万円しか融資されない場合でも、価格が上がればそれだけ融資金額がどんどん上がっていきます。
既に十分な融資を受けていて、住宅のための借り入れは必要ない、という人でも増加借り換えを利用する人は少なくありませんでした。
借りられるだけ借りておき、住宅自体のためではなく、家具を買ったり、家の手直しをしたりと、より快適な住まいを手にいれるために使っていたのです。

住宅価格が上昇している限り、貸し手はどんどん貸していくことになります。
借り手側も一度融資を受けて住宅を買ってしまえば、購入した住宅を担保にすれば返済できなくなる心配は考えなかったのです。

こうして必要最低限以上の借り入れをする人も増え、サブプライムローンの商品はどんどん競争が激化していったのです。
posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 10:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
安い快適楽天BB
深刻な不況により、不動産価格が軒並み値下がりしています。
首都圏のマンションの在庫はなんと1万戸!
値引きの平均は20%引。住宅ローン減税も手伝って、
今がお買い得と思われる方も増えています。

一方、この不況下で住宅ローンは通るのか。
大きい買い物をして大丈夫か。
と不安を抱えている方もいらっしゃると思います。

はじめて不動産を売買する方に向けた無料のコンサルティングが
受けられます。

無料コンサルティング

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。