元気が出る話100総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事SBI証券
今、注目のシステムトレードなら◆ひまわり証券◆

投資信託インデックスファンド日経225オプションネット証券

優遇金利とは?

アメリカ国内だけでなく、欧米や日本など、世界中の経済事情に大きな影響を及ぼしているサブプライムローン。
低所得人の人や過去に借金を滞納した経験がある人でも手軽に利用できるローンとして、たくさんの人に利用されていました。

サプライムローンの特徴は、初めは低金利で利用しやすいのですが、数年後には高金利になるという点があります。高金利になって毎月の返済額が増え、返済が困難になる人が多くなり、不良債権が増える結果となってしまいました。

ローン開始後の低金利は「優遇金利」と呼ばれています。
優遇金利とは、金融機関の店頭金利と呼ばれる借り入れ時に適用される基準になる金利から、引き下げられた金利のことをいいます。
サブプライムローンのように、金利が変化する「変動金利型」ローンは、「当初期間優遇タイプ」とも呼ばれています。
当初の数年間は、固定金利期間とされ、店頭金利から優遇された金利になります。
たいていの場合、店頭金利から1.1%〜1.7%程度の金利が優遇されるそうですよ。

優遇金利が保たれるローンは、「全期間一律優遇タイプ」と呼ばれています。
借り入れ当初から返済が終了するまで、全ての期間において店頭金利より金利が優遇されます。一般的に、0.2%〜1.0%の金利が優遇されています。

当初の金利を考えると、当初期間優遇タイプが魅力的だと考えてしまいますが、住宅ローンのように返済が長期にわたる場合は、金利が一定しているものが安心ですね。
posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 11:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
安い快適楽天BB
深刻な不況により、不動産価格が軒並み値下がりしています。
首都圏のマンションの在庫はなんと1万戸!
値引きの平均は20%引。住宅ローン減税も手伝って、
今がお買い得と思われる方も増えています。

一方、この不況下で住宅ローンは通るのか。
大きい買い物をして大丈夫か。
と不安を抱えている方もいらっしゃると思います。

はじめて不動産を売買する方に向けた無料のコンサルティングが
受けられます。

無料コンサルティング

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。