元気が出る話100総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事SBI証券
今、注目のシステムトレードなら◆ひまわり証券◆

投資信託インデックスファンド日経225オプションネット証券

サブプライムローンの「証券化」

景気低迷のきっかけとなったと言われるアメリカの「サブプライムローン」。
低所得の人や信用度の低い人を対象にした住宅ローンですが、いくら住宅価格の上昇が背景にあったにしても、完済が難しいと思われる人々を対象にしたローンのリスクの高さは、客観的に見ればやはり明らかですよね。

ですがサブプライムローンはどんどん広められていき、それを元にした金融商品がどんどん出回るようになりました。
そのような商品を利用している人々は皆、強い危機感は感じることなく、「自分は大丈夫」という疑わしい安心感を持っていました。なぜこのような事態を引き起こしたのでしょう。
そこには、「証券化」という金融技術が大きく関わっているのです。

日本ではあまり馴染み深くありませんが、アメリカでは、住宅ローンは転売されるのが一般的です。
融資を開始してからローンを転売することを目的としている貸し手のことを「モーゲージ・バンク」と呼んでいます。
モーゲージ・バンクは、どのようにローンを転売するのでしょう。
ここで使われるのが、「証券化」という仕組みです。

証券化とは、他に何もしていない名前だけの会社に資産を売却して、その会社が資産を購入するために証券を発行するという仕組みのことを言います。
この時発行される債券(借金)は、「RMBS」と呼ばれています。
RMBSは、「レジデンシャル・モーゲージ・バックト・セキュリティーズ」という長い呼び名の略語です。
RMBSは、主に保険会社や銀行など、機関投資家が投資対象となっています。
このRMBSが、サブプライムローン問題の大きな原因となったものだと言えるのです
posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 11:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
安い快適楽天BB
深刻な不況により、不動産価格が軒並み値下がりしています。
首都圏のマンションの在庫はなんと1万戸!
値引きの平均は20%引。住宅ローン減税も手伝って、
今がお買い得と思われる方も増えています。

一方、この不況下で住宅ローンは通るのか。
大きい買い物をして大丈夫か。
と不安を抱えている方もいらっしゃると思います。

はじめて不動産を売買する方に向けた無料のコンサルティングが
受けられます。

無料コンサルティング

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。