元気が出る話100総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事SBI証券
今、注目のシステムトレードなら◆ひまわり証券◆

投資信託インデックスファンド日経225オプションネット証券

建ぺい率・容積率

サププライムローン 不動産投資
建ぺい率・容積率

現物の不動産投資を始めると、聞き慣れない不動産用語に多く接することになります。
建ぺい率や容積率などは、物件を検討するうえで必要となるだけでなく、これから建築する際にも基本となる不動産用語です。
・建ぺい率
建ぺい率とは、敷地面積に対する建築面積の割合です。
建築面積÷敷地面積x100=建ぺい率
上記の式で求められる割合となります。
建ぺい率が高いほど敷地の活用が高く、一般的には建ぺい率が高いほど価格が高くなります。
建ぺい率は用途地域ごとに最高限度が定められており、都市計画図などで確認ができます。


・容積率
敷地面積に対する建築物の延べ床面積の割合が容積率です。
下記の式で容積率は求められます。
延べ床面積÷敷地面積x100=容積率
容積率が高いほど、マンションなど土地を立体的に活用することができます。
そのため、容積率は土地の価格と密接な関係があります。
容積率は、一般的に商業地では高く、住宅地は低く設定されています。
容積率は、用途地域別の制限があり、都市計画図などで確認できます。
また、車庫や駐輪場などの床面積は、建物全体の延べ床面積の1/5までは不参入とされます。
地下室など建物の地階にあり、住宅の用途となる天井が地盤面から1m以下の高さにある部分は、住宅用途部分の延べ床面積の1/3を限度として容積率に参入しません。

不動産投資を行う際には、このような不動産用語をしっかりと覚えて、活用していくことが大切です。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

投資信託 デメリット(3)投資信託 投資信託の仕組み投資信託 基準価額投資信託 資料投資信託 公社債投資信託投資信託 郵便局で購入



posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 14:58 | Comment(0) | 不動産投資とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大豆

サブプライムローン 不動産投資 商品先物取引
大豆

日本人の生活の中で、大豆はかなり重要なポジションを占めているといえます。
和食の食卓には欠かすことが出来ないしょうゆとみそは、大豆から作られているのです。この他にも、納豆や豆腐など、大豆を使った料理は数知れません。
しかし、そんな大豆ですが、日本の景気とリンクするという事はあまりありません。
というのも、需要に関してはほぼ固定化されているからです。
そして、その供給はアメリカが中心なので、結果的にはトウモロコシとほぼ同じ性質の商品となります。
日本人にとっては大豆とトウモロコシには大きな隔たりがあるのですが、商品先物取引の観点から見ると、この二つは同じような商品なのです。
大豆も、トウモロコシ同様天候などによる価格変動があります。
6?7月にアメリカで日照りが続くと、作物の収穫量が減少し、市場に影響を及ぼします。
また、アメリカの景気も当然左右してきます。
大豆トウモロコシに限りませんが、市場価格と商品先物取引の価格が必ずしもリンクするとは限りません。
市場価格が安いと食卓に多く大豆商品が提供され、その分商品先物取引の銘柄としても人気が出るというのは、間違いではないでしょう。
しかし、そのままの動きをするならば、それは非常に簡単な金融取引となりますよね。
市場価格さえ抑えておけばいいのですから。しかし実際には、そのような忠実な動きはまずしません。
金融取引は人と人との心理戦のような部分もありますから。
有利な条件が不利に働く事も、決して少なくはないのです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

株式投資 証券会社の選び方【手数料編】株式投資 証券会社の選び方【情報サービス編】株式投資 証券会社の選び方【サポート編】株式投資 証券会社の選び方【セキュリティ編】 株式投資 証券会社の主な種類株式投資 実際に株を買う




posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 21:33 | Comment(0) | 金融 証券関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野村證券のインデックス

サブプライムローン 不動産投資 インデックスファンド
野村證券のインデックス

野村證券金融工学研究センターは、日本及び、海外の各種有価証券のベンチマークとなる指数を計算し、提供しています。
これらのインデックスは、それぞれの市場の値動きを代表するよう作られています。
・Russell/Nomura 日本株インデックス
アメリカのフランクラッセルカンパニーと野村證券金融工学研究センターの共同開発による、日本株式投資スタイル別のベンチマーク指数です。
・NOMURA日本株地域別インデックス
日本の各地域別に、その地域において活動している企業の株式により構成される株価指数。
地域の企業を応援したい、地域に馴染みのある企業に投資したい人のための指数です。
この指数をベンチマークとしたインデックスファンドには、関東・甲信インデックスファンド(愛称:八県物語)、東海三県インデックスファンド(愛称:グレーター東海ファンド)などがあります。
・NOMURA-AP(アジア・パシフィック)
アジア・パシフィック12か国(香港、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピン、台湾、韓国、オーストラリア、ニュージーランド、中国、インド)を対象とした総合株価指数。
・Nomura Asia Small Cap Index
アジア10か国(香港、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピン、台湾、韓国、インド、中国)の、中型・小型銘柄を対象とした総合株価指数。
・NOMURA ベトナム・イノベイティブ・インデックス
ベトナムのホーチミン証券取引所(HOSE)の大型株15銘柄を対象とした株価指数。
・NOMURA 中・東欧インデックスシリーズ (NOMURA CEE)
中・東欧11カ国の市場を幅広くカバーするインデックスシリーズ。
・NOMURA-BPI
日本債券市場全体の動向を反映するパフォーマンス指数(投資収益指数)です。
・NOMURA-BPI/Ladder
国債でラダー型運用を行った場合のパフォーマンス指数で、期間は10年、20年、5年です。
・NOMURA CMT Index(NOMURA変動利付国債インデックス)
日本が発行した15年変動利付国債のみ、対象のパフォーマンス指数。
・NOMURA J-TIPS Index(物価連動国債インデックス)
日本が発行した物価連動国債のみ、対象のパフォーマンス指数。
・NOMURA-CBPI
東証に上場の転換社債から成るパフォーマンス指数。
・NOMURA400
日本株式市場を代表する400銘柄で構成される投資ユニバース。
・マルチメディアインデックス
日本のマルチメディア関連株81銘柄対象の株価指数。
インデックスファンドを選択には、このような野村證券などの証券会社が提供している指数をベンチマークとする商品もある、ということを知っておいてください。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

FX取引 用語 塩漬けFX取引 用語 空売りFX取引 用語 資金ショート



posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 22:36 | Comment(0) | インデックスファンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産の賃貸条件

サププライムローン 不動産投資
不動産の賃貸条件

不動産投資として現物の不動産を賃貸する際、管理業務の運営を行わなければなりません。
賃貸不動産の管理業務には入居者に対する賃貸運営管理と、建物維持管理があります。
賃貸運営にあたっては、周辺の類似物件を参考に適正な賃貸条件を設定しなければなりません。
賃貸借契約で定められる金銭に関する事項には、次のようなものがあります。
・賃料
新規の賃料は、周辺の賃貸市場や立地条件などから貸主が設定します。
・管理費、共益費
賃料と別に徴収する場合と、賃料に含む場合があります。

・敷金
建物の賃借人が、延滞賃料や賃貸契約上の債務の担保のために賃貸人に預けておく金銭。
建物の退去時に、未払いの賃料、契約書で定められた修繕費用などを差し引いて返却されます。

礼金
賃貸人に対するお礼の意味として金銭で、通常は返還されません。

権利金
賃料の一括前払いとして、など通常は返金されない金銭です。

保証金
本来はビルの建設協力金として発生したもので、一定期間で返金されてしましたが、現在は建物退去時に返金する敷金と同じ扱いとなっています。

仲介料
仲介を依頼した不動産業者を通した賃貸契約の場合に支払う金銭。

この他、賃借人が火災を起こすリスクを避けるため、賃貸契約に火災保険加入を条件とすることが多くなっています。
首都圏では、敷金・礼金が家賃の2ヶ月分が相場ですが、関西など地域で習慣が違います。
また、礼金1ヶ月など慣習とは違う設定をしている業者もあります。
一部地域では、敷引きという、敷金や保証金から一部を除く金銭を返却する習慣もあります。
不動産投資として物件を賃貸する場合、地域習慣を考えながら、トラブルにならない賃貸条件の設定をこころがけましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

サブプライムローン サブプライムローンとはサブプライムローン 公的な住宅ローンサブプライムローン クレジットスコアとは?


posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 16:57 | Comment(0) | 不動産投資とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銀、プラチナ

サブプライムローン 不動産取引 商品先物取引
銀、プラチナ

品先物取引において、金以外の金属というのはやや地味な印象を受けます。
その中にあって、銀というのは特に地味な印象ですね。ただ、実は結構日常生活に密着した金属でもあります。
商品先物取引においても、その点を知っておくと有利になる事があるでしょう。
の商品先物取引において覚えておくべきなのは、やはり需要と供給のポイントです。
は写真フィルムに使用されるので、以前はこの需要が最も高かったようです。しかし、デジカメと携帯電話のカメラが普及した今、フィルム需要は大きく減少しています。
宝飾品としての需要は安定していますが、最近は投資向けの需要が伸びており、2004〜07年までは良い伸びを見せていました。
しかし2008年にはリーマンショックの影響で急落しています。
また、プラチナに関してもほぼ同じ動きです。
このプラチナ、即ち白金と言えば、宝飾品のイメージが非常に強いですが、実際には車に使用する自動車触媒としての需要が高いようです。
同様、リーマンショックの影響で急激に落ちてしまいました。ただ、宝飾品としての価値は相変わらず高いと言えます。
こういった金ほどメジャーではないものの、高価な金属と言われるものは、近年においては投資向けの需要が非常に高いと言えます。
フィルムや車に使用されているという事は、それらの生産数を追う必要があるのですが、ここ数年はあまり反映されていません。投資商品としての性質が強くなっている為と思われます。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

FX取引 用語 リーマンショックFX取引 用語 アメリカドルFX取引 用語 ニュージーランドドル



posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 09:51 | Comment(0) | 金融 証券関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気配値

インデックスファンド 不動産投資 FX取引
気配値

FX取引による為替取引を行う場合、一対一でのトレードという事は通常はありません。
不特定多数の人たちが出している注文の中で、最も高く買おうとしている人と、最も安く売ろうとしている人との接点が、為替相場における価格となります。
ただ、当然ながら注文は必ずしもその接点のみが出されるわけではなく、例えば1ドル=95円の相場の時に、1ドルを94円50銭で買おうと思って買い注文を出す人もいれば、1ドルを95円50銭で売ろうと考えて売り注文を出す人もいるでしょう。
そういった注文の数というのは、気配値として、それぞれの投資家が見ることになります。
気配値というのは、FX取引の一つです。
とは言えFX取引以外にも、株などの用語としても使われているので、FX用語を知らなくても気配値という言葉に聞き覚えがある人も少なくないでしょう。気配値は何故気配値というのかというと、その為替の今後の値動きがどのように変化していくかという気配を示した値だからです。
例えば、現在1ドル=95円でも、95円以下で買おうという人が、95円で売ろうと考えている人よりかなり多いという場合、その為替は値を下げるでしょう。
市場的には、ドルに95円以下の価値を求めている人が多数いるからです。逆に、95円で買おうと考えている人が95円で売ろうと考えている人より多い場合は、95円でもこれだけ売れるならもっと上の値で売れると考えられ、為替の価格は上がります。
こういった動きは、全て気配値によって決まるといっても過言ではないのです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

株式投資 口座資金をどう使うか 株式投資 分散投資が有効株式投資 思わぬ落とし穴に注意

posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 15:00 | Comment(0) | FX取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WAYプライス

サブプライムローン 不動産投資 FX取引
WAYプライス

スプレッドというのが、買値と売値の差額であるという事を理解した上で、ニュースなどを見てみると、また違った見方ができるでしょう。
「1ドル=92円50銭〜55銭」という表記は、実はスプレッドによるものだったりするという事を知らない人が見たら、どうしてこんなに差があるの?と思ってしまうところです。
実際には、50銭から55銭の間くらい、というわけではなく、ドルを買う場合は1ドル=92円55銭、ドルを売る場合は92円50銭=1ドル、という意味の表記なのです。
この表記の事をFX用語「2WAYプライス」と呼んでいます。
通常、為替市場の表記はこの2WAYプライスで行われていますね。
また、2WAYプライスそれぞれの表記に関しても、それぞれの呼び名があります。
左側(92円50銭)は、買値なのですが、この買値をFX用語で「ビットレート」、そして右側(92円55銭)は売値なのですが、その売値をFX用語で「アスクレート」と言います。
このビットレートとアスクレートの差がスプレッドと考えていいでしょう。
この差が大きいほど、取引の際に取られるお金が多いと考えてください。
このスプレッドは証券会社によってかなり差があります。
取引を行う際、証券会社に対して支払うお金は、手数料+スプレッドです。
スプレッドの小さい会社は、手数料を取る事が多く、手数料無料を謳っているところはスプレッドが大きめというのが一般的です。
この二つ、手数料とスプレッドはしっかり合計してトータルとして考える必要があります。
最近、金融市場は非常に大きな不況を迎えています。
そして、それは逆に投資のチャンスという見方をする人が多く、オンライン取引を中心に、問い合わせが殺到しているというのはニュースでもかなり報道されていました。

特に、今FXは空前のブームになりつつあります。
その中で、手数料無料を謳い、どんどん新規を増やそうという会社が多いですが、手数料だけで判断する事のないよう注意しましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

株式投資 銘柄は業績で選ぼう 株式投資 銘柄はチャートを見て選ぶ 株式投資 売るタイミングが一番難しい

posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 10:29 | Comment(0) | FX取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

指成注文と引成注文

サブプライムローン 不動産投資
指成注文と引成注文

商品先物取引においては、まだそこまで注文の種類が多いわけではありません。
FXのような非常に複雑な注文方法はなく、基本的には商品先物取引の注文は成り行き、指値での注文となります。ただ、中にはやや特殊な注文方法もあります。
まず、「指成注文」についてです。
指成注文というのは、日中においては普通の「指値注文」として扱われます。ただし、その指定した金額に商品が上下してくるとは限りません。
もし最後までその金額に届かなかった場合、普通の指値注文では取引不成立となります。
しかし、この指成注文の場合、日中約定しなかったら、大引け、即ち最後の最後で成り行き注文として取り扱われる事になります。よって、その日の最終価格で売買が行われるのです。
また、「引成注文」というものもあります。
引成注文は、大引けでのみ成り行きに変わる指成注文に対し、前場、すなわち午前中に出せば午前の最後に成り行き注文に変わり、後場、すなわち午後に出した場合は大引けで成り行きとなる、という注文方法です。
よって、午前中にどうしても約定させたい場合に有効な注文です。
この二つの注文は、商品先物取引においてはザラバ取引でのみ使用されます。基本的には、両方とも「できるだけこの日に約定させたい」という状況で使用する注文です。
例えば、デイトレードで自分的なルールを作っており、明日に取引を回さないというポリシーのある場合。
あるいは、週末の前の日で、どうしても来週に持ち越したくないという場合。
こういった場合に使用すると良いでしょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

株式投資 短期の投資 株式投資 中長期の投資 株式投資 情報収集はどうやって?

posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 10:20 | Comment(0) | 金融 証券関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

情報収集はどうやって?

サブプライムローン 不動産投資 株式投資
情報収集はどうやって?

株式投資の際、最も重要なのは情報を集める事です。では、その情報は一体どうやって集めるのでしょうか。
昔であれば、株の情報と言えば、「会社四季報」が中心でした。本屋で株に関する本を探すと、必ず最初に見つかるあの分厚い本ですね。
会社四季報とは、1年に4回、3月、6月、9月、12月に発行されている、上場銘柄に関する情報を集めた本です。
会社四季報に載っているその会社の業績や今後の予測などを参考に、投資家は株を買っていました。
では、これがなぜ過去形なのかというと、今の時代はそれほど会社四季報にこだわる理由がないからです。というのも、インターネットの登場によって、各証券会社や情報サイト会社四季報とほぼ同様の内容を無料で提供しているからです。
よって、情報を集めるのはインターネット上が中心となります。

インターネットの利用をお勧めする理由は、なんと言っても速報性です。本であれば、どうしてもリアルタイムでの情報提示というわけにはいきませんが、ネットであれば、何かあったその日には情報として流れます。もはや、印刷物では追いつけないというくらい、情報は高速化しているのです。
YAHOOファイナンスのような総合情報サイトがある以上、こちらを利用しない手はありません。
では、もう会社四季報は用無しかというと、そうとは限りません。特に初心者の方は、必ず一度は目を通しておく事をお勧めします。
各会社、業績が変われば当然ながら大きく株価も経営状況も変わります。しかし、どの分野にどんな会社があるのか、というのは変わらないですよね。会社四季報を眺めているだけで、それが頭に入ります。
初心者の方は、そういった情報もしっかり頭に入れておくことをお勧めします。
株取引において、銘柄を知っておくというのは非常に重要です。
初心者の方は、少しでも多くそれを知って、選択肢を広げてください。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

春旅行 北海道旅行春旅行 こだわりの宿春旅行 こだわりの宿(2)


posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 09:39 | Comment(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

商品先物取引の歴史

サププライムローン 不動産投資
商品先物取引の歴史

商品先物取引の歴史は、意外と古かったりします。
最初に国内で商品先物取引が行われたのは、1730年、即ち江戸時代だといわれています。しかも、実はそれより前の1600年代に、既にその全身となる取引が行われていたという記述もあります。
明確に幕府が取引を許可した1730年を基準としても、既に280年もの歴史があるわけです。
これは金融取引の中ではかなり歴史が深い部類に入るのではないでしょうか。尚、その際に取引された商品はです。
その後も、米の先物取引はずっと行われていきましたが、1939年、第二次世界大戦時に米流通統制が行われ、廃止しています。
商品先物取引自体は終戦後の1950年以降に再開されましたが、米の先物取引は未だに再開されておらず、その目処も立っていないのが現状です。
米は日本における最も主流な農作物であって、日本の食文化の象徴である事は、誰しもが認識している事です。その米での取引がなされていないというのは、少々寂しいところですね。
商品先物取引が300年近く前から行われていた事には、多くの方が驚きを覚えるところでしょう。
ただ、取引という概念はその数百年、数千年前から行われていたので、農作物などの生活に根付いた物に対して価値の変動があり、それを利用して利益を得るという概念が江戸時代にあったとしても、それほど不思議ではないかもしれません。
こういったものは、科学の発展などとは違い、庶民でも行える工夫ですから。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 08:53 | Comment(0) | 金融 証券関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

損切りをしっかり学ぼう

サブプライムローン 不動産投資 株式投資
損切りをしっかり学ぼう

株取引を長く続けようと思うならば、初心者のうちに必ず覚えておく必要がある事。それが、損切りです。
どのような株式用語よりもまず、この損切りを覚えましょう。そうする事で、株取引におけるスタートラインに立つ事ができます。
株取引において一番重要なのは、株に関するあらゆる情報を集める事です。その情報には、必ず最初にこう記されています。
「損切りをまず覚えろ」と。
損切りというのは、簡単に言えば「見切り」です。ただ、もうこの株は待っていても上昇しないという気持ちで損切りを行うのは、はっきり言って止めた方が良いでしょう。というのも、損切りは自己判断、あるいは自分のその時の分析で行うのは危険だからです。
「明日には上がる」「一週間立てば元に戻る」など、いつか好転するという気持ちが、少なからず投資家にはあるものです。
それがまだ取引における初心者であればなおさらですね。そのような感情を含んだ判断は、いつか破綻します。
損切りに一番必要なのは、感情を一切排除した機械的な処置です。
簡単に言えば、購入と同時にそのラインに売り注文を出しておくくらいのことが必要です。よく言われるラインは、購入時から−15%のラインが損切りのライン、という設定です。
ただ、これはあくまでも一例です。10%、20%、あるいはそれ以外でも、まず自分にあった損切りのラインを見極めましょう。初心者の方は、これを最初に決めておく事を強くお勧めします。
それが、株取引における第一歩となるでしょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

メタボリック症候群 高脂血症 メタボリック症候群 生活習慣病 メタボリック症候群 喫煙



posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 09:59 | Comment(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住宅ローン

サブプライムローン 不動産投資 リストラ対策
住宅ローン

サラリーマンの収入は景気に大きく左右されます。
そのことがここ数ヶ月の大不況の中で改めて感じられるようになりました。景気がよかった頃に思い切ってマイホームを建て、30年ローンを組んで返済し始めたところだったのに、という「何もこのタイミングで不況の波が来なくても」と嘆く人もいると思います。
ボーナスの大部分をローン返済に充てていた人にとって、多くの会社でボーナスがカットされている現況は大きな不安材料となっていることでしょう。突然のリストラとなるとなおさらです。
真面目に勤めていた会社にリストラされ、建てたばかりの家を泣く泣く手放す人もいるかと思います。
確かに失業後の家計をもっとも圧迫するのが住宅ローンの返済です。だからと言って、毎月の返済を滞らせるのは大変危険です。
例えば公庫融資の場合、返済が遅れると督促通知が届き、支払い期日の翌日から即、年14.5%の延滞損害金を支払う義務が生じます。
さらに6ヶ月以上滞納すると、保障協会が肩代わりをして全額返済をすることになっています。
その後、保障協会から一括返済の請求がなされますが、月々の返済を滞納しているのですから残額を一括返済できない場合が多いでしょう。
それが支払えないとなると、差し押さえや競売などの措置がとられ、最終的にマイホームを手放すことになってしまいます。
そんなことにならないよう、他の生活費を抑えられるような対策をとりましょう。
失業して住宅ローンの返済が厳しくなるのは、再就職が決まるまでの一時期のことです。
その間に悲惨な結果を残さないよう、どうしてもそれまで通りの返済額で無理なら金融機関に返済期間の延長を相談するなどの対策をとっておきましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 11:45 | Comment(0) | 公的住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

証券会社の選び方 【情報サービス編】

サブプライムローン 不動産投資
証券会社の選び方 【情報サービス編】

初心者の方が証券会社を選択するにあたって、最も気を使うべきなのに軽視されがちなのが、情報サービスです。株は情報が命、と言われています。
その為、その情報がどのように提供されるかという事は、証券会社を選ぶ上で絶対に軽視できない問題です。
しかし、初心者の方にとっては、その情報サービスの提供というのがどのような物なのかという事がわからず、手数料ばかりに目がいきがちになってしまいます。

情報サービスとして最も重要なのは、チャートをはじめとしたツールの充実です。
情報という物は、欠如する事はあまりありません。
ただ、親切か不親切かという点では、証券会社ごとにかなり差があります。そして、このツールの親切さこそが、証券会社の優劣を決める大きな要因となります。
株取引は、通常チャートを見ながら行います。
昔は電話で購入していたようですが、今ではリアルタイムで動くチャートを見ながら行うデイトレードが主流です。
デイトレードでなくても、チャートの見やすさとその際に表示される情報量、情報の速報性というのはとても重要です。
なぜこれらが重視されるかというと、株の売買というのはタイミングが非常に重要で、そのタイミングに情報が大きく左右するからです。
情報が命というのは、タイミングを損なうかどうかが株取引にとって最も大事な事項だからなのです。
例えば、現在持っている銘柄に関して、何かしらのネガティブな事件が起こったとします。
その場合、もしその情報を知るのが1分遅れたら、もう何万円、何十万円という大損になる可能性があります。
場合によっては、取引が不可能となる事態にもなるのです。
株取引は、あまりに特定の銘柄の買い注文、もしくは売り注文が殺到すると、特買い、特売りといった状態になり、その状態では取引が行えません。ただし株価は変動し、特買いの場合は上がっていき、特売りの場合は下がっていきます。
特売りの場合、もしその銘柄を持っていたら地獄です。初心者の方は、このような状況にならないよう最善を尽くす必要がありますが、初心者でなくともこういったことは経験する事があります。
回避する為には、少しでも早く、精度の高い情報を得る事が必要です。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券


メタボリック症候群 特定健診制度 メタボリック症候群 特定保健指導メタボリック症候群 食生活

posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 12:33 | Comment(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

都市計画法と地域地区

サブプライムローン 不動産投資
都市計画法と地域地区


現物による不動産投資では、不動産取得や保有に関して様々な法の規制を受けることを知っておかなければなりません。
都市計画法は、その規制の1つで、無秩序な開発を防止し、計画的なまちづくりを図るための法律です。

都市計画法の中で定められている都市計画区域内では、建築物などに必要な規制を行い、住環境保護や災害・公害の防止など都市環境を守るために、地域地区という制度を設けています。
地域地区には下記のような種類があります。

・用途地域
用途地域には、第一種低層住居専用地域など12種類があります。
市街化区域では用途地域を定めなければなりません。
市街化調整区域では、用途地域を定める必要は原則としてありません。
また、準都市計画区域でも用途地域を定めることができます。

・特別用途地区
用途地域内に定める一定地区で、建築制限や禁止を地方公共団体の条例で定めることができます。
国土交通大臣の承認によって、条例で制限緩和も可能です。
学校を優先的に建築し、その周辺環境を整えるためなどに定める場合があります。

・特定用途制限地域
市街化調整区域を除く、用途地域が定められていない地域で、環境を保護するなどの目的により制限すべき建物などの用途を定める地域。

この他も地域地区には、特定容積率制限地区、高層住居誘導地区、高度地区、高度利用区、市街地における火災の危険を防止する目的で定められる防火地域・準防火地域、風致地区、景観地区、伝統的建造物群保存地区、美観地区など多くの種類の地区があります。
不動産投資では、このような地区の用途や制限を前もって調べたうえで行わなければなりません。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

子供たちの未来のために、地球にEcoな資産運用



posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 15:47 | Comment(0) | 不動産投資と都市計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイホームの夢

サブプライムローン 不動産投資 マイホーム購入
マイホームの夢


家庭や子供を持つと、いつしか自分の夢がマイホーム購入になっている方は多いと思います。
自分だけの家、自分色の家を作りたくなりますよね。
マイホームの購入は生きていく中で最も大きな買い物です。
十分に計画や下調べが必要となってきます。

まずは、自分達の資金と相談することが重要となります。
今は「頭金無しで購入できます。」と言う家も多くなってきています。
しかし、頭金無しで家を購入できたとしても、ローンの返済で普段の生活がやっていけないでは、夢のマイホームとは言い難いですよね。

例えば、両親からの資金援助が見込めることや、土地だけは確保できた。
などの場合は、そのことも踏まえて計画していかなければなりません。
資金の計画は十分にしていかないと、後々痛い目を見ることになってしまいます。

資金の計画が立ったら、次に情報を集めてみましょう。
(1)インターネットで不動産屋の下調べ・相談をする。
(2)住みたい地域・住む地域の土地相場を広告・新聞等で勉強する。
(3)住む地域の不動産屋何件かに相談し足を運ぶ。

ハウスメーカーに飛び込む前に不動産に足を運ぶ方が良いでしょう。
土地がある場合はハウスメーカーが先でいいですが、土地がない場合、支払やその土地に詳しいのは不動産屋です。
ローンの支払い方法や土地の値段・相場を学習する必要があります。その次に住宅です。

土地の値段や相場は地域によって全く異なってきます。
引っ越し先にマイホームを建てる計画をしている場合は特に下調べが必要と言えるでしょう。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 05:09 | Comment(0) | マイホーム 購入 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サププライムローンとは?

金融証券 マネー【億の細道】
http://okuno-hosomichi.seesaa.net/
都市計画法と都市計画区域

biru1.jpg
サププライムローン:サププライムローンとは?
【記事詳細】

人気ブログランキングへ



>
posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 11:50 | Comment(0) | サブプライムローンとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

都市計画と都市計画区域

サブプライムローン 不動産投資
都市計画と都市計画区域

都市計画.jpg


現物の不動産投資に必要な不動産を取得、保有する際には、都市計画法や借地借家法、建築基準法など様々な法律が関わってきます。
不動産投資を行うときには、このような法律を遵守しなければなりません。

都市計画法とは、都市地域における土地利用や整備に関する法律です。
健全で秩序のある土地の利用に関する、まちづくり計画のための法律と言えるでしょう。
この法律の中では、都市計画区域の指定、市街化区域・市街化調整区域、準都市計画区域、地域地区、開発許可制度などについて定めています。

都市計画区域とは、自然・社会環境や人口、産業、交通量などを考慮し、一体の都市として総合的に整備・開発・保全が必要であると定めた区域のことです。
原則的に都道府県が指定します。
大都市周辺では、無秩序な開発を防止するために、この都市計画区域市街化区域・市街化調整区域・非線引都市計画区域に区分しています。
市街化区域とは、すでに市街地となっている区域、もしくは、おおむね10年以内に市街化を行う必要のある区域です。
市街化調整区域とは市街化を抑制すべき区域で、建築は厳しく制限されており、原則、建築はできません。
非線引都市計画区域は、区域や区分が定められていない、市街化区域・市街化調整区域どちらでもない都市計画区域を指します。
市街化区域内及び、非線引都市計画区域には、道路、公園、下水道を必ず設置しなければなりません。
都市計画区域は日本の国土の約1/4の面積で、人口の9割が暮らしています。
準都市計画区域は、都市計画区域以外での無秩序な開発を防ぐため、市町村が指定できる区域のことです。
この指定によって都市計画区域外でも建築物に制限を加えることが可能となります。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

子供たちの未来のために、地球にEcoな資産運用

posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 11:44 | Comment(0) | 不動産投資と都市計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

≫FX用語 塩漬け

金融証券 マネー【億の細道】
http://okuno-hosomichi.seesaa.net/
≫FX用語 塩漬け


サブプライムローンとは?
【明細記事】
posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 12:45 | Comment(0) | 金融 証券関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
安い快適楽天BB
深刻な不況により、不動産価格が軒並み値下がりしています。
首都圏のマンションの在庫はなんと1万戸!
値引きの平均は20%引。住宅ローン減税も手伝って、
今がお買い得と思われる方も増えています。

一方、この不況下で住宅ローンは通るのか。
大きい買い物をして大丈夫か。
と不安を抱えている方もいらっしゃると思います。

はじめて不動産を売買する方に向けた無料のコンサルティングが
受けられます。

無料コンサルティング

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。