元気が出る話100総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事SBI証券
今、注目のシステムトレードなら◆ひまわり証券◆

投資信託インデックスファンド日経225オプションネット証券

世界の指数 その2

サププライムローン 不動産投資 インデックスファンド
世界の指数 その2

posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 20:45 | Comment(0) | 金融 証券関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産の建物別用途

サププライムローン 不動産投資
不動産の建物別用途
マンション.JPG


現物による不動産投資を行う場合、どのような不動産を扱うのかを選ばなければなりません。建物を利用する不動産投資を行うにあたって、建物別にどのような特徴があるのかを知っておきましょう。

アパート、マンション
自然環境、病院や学校などの公共施設やスーパーなどの商業施設、交通の利便性が求められます。
しかし、すべてを満たしていない場合、家賃との兼ね合いで事業化することは可能です。
需要は比較的安定していますが、収益性は高くはありません。
オフィスビル
通勤や取引先との交通が便利であるという立地が要求されます。
法人が主な顧客となるため、不動産投資の利益は景気に変動されます。
居住用の建物よりも賃料を高く設定できるので収益性が高い特徴があります。
駐車場
青空駐車場の場合は、土地の転用が比較的容易にできます。
入出庫しやすい立地であれば特に立地上の制約はありません。
立地条件によって収益性は大きく異なってきます。
ロードサイド店舗
交通量の多い幹線道路沿いにあり、駐車場完備などの立地条件が必要とされます。
ホテル
地域条件など立地が大きな位置を占めます。
初期投資や固定費が大きく、資金回収までに長い時間を必要とします。
また、事業のノウハウが要求されます。
倉庫、トランクルーム
どちらも保管と安全のための設備投資が必要となります。
トランクルームは住宅地に近いなどの交通の利便性が必要です。
貸し倉庫の場合は、事業者が顧客となるため、収益は景気状況に左右されます。
商業施設(百貨店、ショッピングセンター、コンビニエンスストア、スーパーなど)
交通の利便性、駐車場の確保、顧客人口などの立地条件が要求されます。
賃貸借期間が長期に渡ります。
ゴルフ練習場
相応の土地面積で事業化ができます。
立地条件としては、主要幹線道路沿いに有り、ゴルフを行う人が多く住んでいる住宅地などが近くにある必要があります。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

子供たちの未来のために、地球にEcoな資産運用


posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 14:03 | Comment(0) | 不動産投資と土地建物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ローンを買い取る」とは?

サププライムローン 不動産投資
「ローンを買い取る」とは?

証券.jpeg

アメリカのサブプライムローンは、多くの不良債権を生み出し、アメリカの経済事情に大きな影響を及ぼしました。
そしてサブプライムローンの余波はそれだけではなく、もう1つの大きな問題点を引き起こしています。
大きなリスクが考えられるローンであったにもかかわらず、たくさんの金融機関がサブプライムローンを買い取って、資産運用に利用していたのです。
「ローンを買い取る」とはどういうことなのでしょう?
ローンとは、提供する金融機関に一定期間、利息が入り、最終的には元本が戻ってくるという権利があることです。
この「権利」がローン会社から別の金融機関へ売り渡され、また別の金融機関へと転売されているのです。
ローンを買い取った金融機関は一定の利息が入ることで収入を得ることができ、その収入で年金などを運用しています。
実際にローンを利用している消費者には何の影響もなく、ローン会社としてはローンを売ってしまうと、元本が返済されなくなる、というリスクから逃れることができ、さらにローンを売ることで利益も得ることができ、消費者に対してまた新たなローンを提供することができるというわけです。
サブプライムローンの場合、転売はアメリカ国内だけでなく、世界の金融機関に対して行われていました。欧州や日本の証券会社、大手銀行も多く利用していて、それが一番の問題となっています。サブプライムローンに関する資金で運用していた商品は、どれも損害を受けることとなっているのです。
サブプライムローンが株価の下落を引き起こし、世界の金融機関に大きな不安を与えるまでになったのは、こうした「ローンの転売」が背景にあったのです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | サブプライムローンとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産購入にかかる諸費用

サブプライムローン 不動産投資
不動産購入にかかる諸費用

町並み.jpg

不動産投資にあたって不動産を購入する場合、不動産の購入に必要な費用は現物以外にも諸費用が必要となります。
新築の場合、取得価格の5〜7%中古物件の場合は7〜12%程度必要です。
不動産購入の際には、この諸費用も含めて総費用を考えなければなりません。

仲介手数料
不動産を購入時、不動産業者などに仲介を依頼する場合に必要となる費用です。

印紙税
売買契約書、請負契約書、金銭消費貸借契約書などに印紙を貼ることで納付される税金。

保証料
住宅ローンを組む際に連帯保証人となる保証会社に支払う料金のこと。
フラット35など保証料の必要のないローンもあります。

保険料
ローンの支払中に病気や事故によって死亡、もしくは重度障害になりローンが支払えない状態になった時に備えて入る団体信用保険の料金は、通常ローン金利に組み込まれています。

登録免許税
不動産取得後、法務局で登記申請時に必要な税金です。

司法書士報酬
不動産登記などを司法書士に委託した時の報酬も必要となります。

不動産所得税
不動産取得時に一度だけ課せられる税金。
相続によって不動産を取得する場合には必要ありません。

固定資産税
毎年1月1日現在不動産を保有している者に課せられる税金。

都市計画税
毎年1月1日現在、市街化区域に土地や家屋を保有している者に課せられる市町村税

また、売買契約を締結時には手付金が、取得費用の10〜20%必要となるので、その費用の準備も必要です。
不動産投資の前には、このような費用が必要であることを頭にしっかりと入れておかなければなりません。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 09:13 | Comment(0) | 不動産投資とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資信託のコスト

サブプライムローン 不動産投資 投資信託 資産運用
投資信託のコスト

投資信託に限らず株価を購入する場合には、コストというものを充分に考慮してから購入するようにしなければなりません。

投資信託に関するコストというのは色々な手数料の事を指していて、売買のときにかかる手数料、所得税や消費税などの税金など様々なものがコストとしてかかります。

投資信託のコストには二つの種類があって、購入時にかかる販売手数料や換金時にかかる換金手数料、源泉徴収税、分配金にかかる税金など直接的に負担しなければならない手数料という種類と、ファンドを購入するときに募集をかけていますがその募集手数料、売買委託手数料など間接的に負担しなければならない手数料という種類があります。

では、もっと詳しく見てみたいと思います。
直接的に負担しなければならないコスト】
○購入時に関わるコスト
 ・ファンドを販売するときにかかる販売手数料がかかります。通常は基準価額の1〜3%程度の手数料を支払わなければなりません。
但し、一部ノーロードファンドなど無料のものもありますので、詳しくは販売会社に確認するようにしましょう。

○換金時に関わるコスト
 ・信託財産保留額というコストが必要な場合がありますが、これはファンドに依存します。
 ・所得税や住民税は利益が出ている場合にのみ課税されるコストになります。

間接的に負担しなければならないコスト】
○購入時に関わるコスト
 ・単位型投資信託の場合に、募集価額として内枠に提示されているので間接的に支払っているというコストになります。

○保有時に関わるコスト
 ・運用・販売・管理の各会社に対して管理報酬信託報酬という形で支払わなければならないコストです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 10:32 | Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

売りから入る

サブプライムローン不動産投資 FX用語
FX用語 売りから入る

位置情報リーマンショックによって各国の為替が大きく値を下げた2008年下半期ですが、この状況は、必ずしもすべての投資家にとってマイナス、というわけではありません。
むしろ、この状況を利用して大きな利益を得た人もいるはずです。
何故なら、FXには値が下がれば下がるほど得をする方法があるからです。
それは、「売りから入る」という方法です。

売りから入るという意味がわからない人も多いかと思います。
ただ、FX用語にも「売りから入る」という表現があります。
それくらいFXにおいてはメジャーな注文方法です。
では、このFX用語について解説していきましょう。
売りから入るというのは、通常考えられている注文とは逆の注文です。
普通は、為替市場において、割安な為替を円などで購入し、その為替が値上がりしたら売る、という注文方法がメジャーですね。
一方、FXでは、先に「持っていない通貨」を売る事ができます。
用は証券会社から借りるのですね。
その為、現在の価格が割高という為替をまず借り、それを売り、安くなったら買い戻して証券会社に返す、という方法が「売りから入る」と呼ばれる注文なのです。
「売りポジションを先に確保する」という表現も使います。
この「売りポジション」というのもFX用語ですね。
これならば、不況下においても利益を出せるのではないでしょうか。
今後下がるだろうという予測を立て、その通貨を売り、そして高確率で下がるのを待つ。
これで、利益を得られるのですから。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 08:26 | Comment(0) | FX取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株式投資、実は今がチャンス!

サププライムローン 不動産投資
株式投資、実は今がチャンス!


2008年は、あらゆる金融機関にとってあまりに衝撃的な年度でした。
なんといっても、その原因はアメリカの大手金融会社「リーマン・ブラザーズ」の経営破綻です。
リーマンB.jpeg
世界的金融危機の発端、リーマン破綻

リーマン・ショックと呼ばれるその破綻によって、世界経済は一気に暗黒時代へと突入し、日本もその例外とはならず、非常に厳しい状況になってしまいました。

このリーマン・ショックによって、株式市場は大荒れとなりました。
あまり株には興味ないという人も、リーマン・ショックに関するニュースは聞いた事があるでしょう。
株価が大幅下落した、日経平均が1万円を、そして9,000円、8,000円を割った、というニュースが連日のように報道されました。
このため、意味はわからなくとも、「今株はヤバいのだ」というイメージが頭の中にインプットされたのではないでしょうか。

そんな状況なので、2008年は株初心者の型にとっては苦しい年だったと思います。
多くの人の所持株がその値を半分位に下げたという状況なのではないでしょうか。
実際、初心者の方がかなり損をしたという話はよく聞きます。

ただ、この状況は、初心者の方にとってチャンスでもあります。
株価というものは、下がり続ける事はありません。
下がれば上がるし、上がれば下がる。
そういうものです。
多くの経済ジャーナリストや専門家が、2009年は回復するだろうと予想しています。
つまり、落ちきった今がチャンスという事です。
2008年で大損した人は、2009年でその分を取り返す事を考えましょう。


人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 11:24 | Comment(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産投資の特徴とリスク

サブプライムローン 不動産投資
不動産投資の特徴とリスク

ハウス2.jpg

位置情報不動産投資には、現物による不動産投資、小口化投資、位置情報証券化投資に分類されます。
現物による不動産投資は、マンションを購入して賃貸する、保有する土地に賃貸アパートを建築する、賃貸マンションの購入など、直接不動産に投資することにより収益を上げる投資方法です。
現物での不動産投資には下記に挙げる特徴があります。

1.ハイリスク・ハイリターンである。
2. 収益にはキャピタルゲイン(譲渡益)とインカムゲイン(賃料)がある。
3. 投資額が他の投資と比べ多額で、投資期間が長期に渡る。
4. インカムゲイン(賃料)による安定収入が見込める可能性がある。
5. 損益通算などによって所得税・相続税・固定資産税を減額させ節税効果がある。
6. 少額の資金でも借入金により、自己資金の何倍もの多額な不動産に投資することができる。
7. レバレッジ効果(てこの原理)を利用して借り入れ金利以上の収益率を高め、収入を大きなものにできる可能性がある。


また、次のようなリスクが不動産投資にはあります。
1. キャピタルゲイン・インカムゲインには、不動産価格あるいは空室などによる収益の変動リスクがある。
2. 現物の不動産は、すぐに現金化ができないという流動性リスク。
3. 投資のための多額の借入金による収益減少。
4. 不動産投資を行う人の経営手腕によって収益が異なる。
5. 地域状況の変化による収益の変動、建物の老朽化、地震など自然災害や、火災などによる建物の損壊のリスク。

不動産投資を考える時には、このような特徴やリスクを知ったうえで投資を行う判断をしてください。


日本で初めて本格的「インターネット株式取引」を開始したのは《松井証券》

posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 08:44 | Comment(0) | 不動産投資とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXシステムポートフォリオ

サブプライムローン 不動産投資 マネー FX
FXシステムポートフォリオ

「FXシステムポートフォリオ」についてご紹介します。
このFX情報商材は、その名の通り、ポートフォリオの方向性をFXで再現するという情報商材です。

ポートフォリオというのは、いくつかの金融商品に対して分散投資を行う場合、またその金融商品の組み合わせの事を指します。
これは、集中投資する場合に発生するリスクを減らし、堅実な成果を目指す為です。
先のリーマンショックのように、全体が大きく下落するというケースを除けば、この分散投資によるリスクヘッジ、すなわち少しでもリスクを避けるやり方というのはとても異議のあるものになります。
一つのペアに集中的に投資していた場合、その投資していた通貨ペアが大きく値を下げてしまう可能性があるからです。

国によって経済状況の変化はそれぞれなので、一つのペアが急に値を下げるというのはよくあることです。
その場合に少しでも損を減らすには、それだけに投資するのではなく、いくつかのペアに投資するのが一番なのです。
この「FXシステムポートフォリオ」という情報商材は、それをしっかり行っています。

もう一つの「FXシステムポートフォリオ」の特徴としては、初心者に適しているという点が挙げられるでしょう。
初心者はどうしても「どのタイミングで買う」「どのタイミングで売る」というのがわからないものです。
しかしこの商材は、しっかりそのタイミングを自動で分析し、発信してくれます。
なので、初心者でも全く問題なくFXで勝負が出来るという事です。
勝負は時の運ですが、合理的な面から、稼ぐ事ができる可能性は高いのではないかと思います。

FXで貧乏脱出する完全成功指南書

No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券






posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 09:21 | Comment(0) | 金融・証券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産投資 不動産とは

サブプライムローン 不動産投資
不動産投資 不動産とは
ハウス1.JPG
不動産の土地と建物は有効に活用してこそ価値がある

不動産は、人が生活する基礎となるものです。
不動産は、立地や交通条件が良い優良物件であれば不動産の価格が低迷していても、その賃貸料金は急激には下がりません。
そのため、価格が低迷している間に不動産を購入し、不動産投資を考えている人は少なくありません。
また、親から受け継いだ土地の有効活用として不動産投資を考えている人もいるでしょう。

ここでは、不動産投資を始めるにあたって不動産とは何かを考えてみましょう。

不動産とは、民法86条1項には「土地及びその定着物」とあります。
定着物とは、その土地にある動かせないもので、土地にある建物だけでなく、土地に生えている樹木なども含まれます。

また、日本では土地と建物は別のものとして扱われ、そのため、土地と建物は別々に売買できます。

不動産は、目的別に分けると、主にマンション、アパート、戸建住宅、宅地などの住宅用、マンションやビル、工場などの事業用に分けられます。
さらに、自分で利用する自用・他人に貸す目的の賃貸用に分けることができます。
この他には、レジャーなどのための別荘やリゾートマンションなどの不動産もあります。

土地の権利には、所有権と借地権があり、所有権は1人で所有する場合と複数での共有があります。
借地権は借地借家法に基づく、他人の土地を利用できる地上権と貸借人の権利である貸借権のことです。

建物の権利には、分譲マンションなどの各部分ごとの所有権である区分所有権、賃料、支払い建物を借りる借家権(賃借権)があります。







posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 09:46 | Comment(0) | 不動産とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
安い快適楽天BB
深刻な不況により、不動産価格が軒並み値下がりしています。
首都圏のマンションの在庫はなんと1万戸!
値引きの平均は20%引。住宅ローン減税も手伝って、
今がお買い得と思われる方も増えています。

一方、この不況下で住宅ローンは通るのか。
大きい買い物をして大丈夫か。
と不安を抱えている方もいらっしゃると思います。

はじめて不動産を売買する方に向けた無料のコンサルティングが
受けられます。

無料コンサルティング

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。