元気が出る話100総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事SBI証券
今、注目のシステムトレードなら◆ひまわり証券◆

投資信託インデックスファンド日経225オプションネット証券

サブプライムローンとは

金融 証券 マネー オクの細道
サブプライムローンとはどのようなローンなのか
最近テレビのニュースや新聞記事などでよく話題に取り上げられていることに、「サブプライムローン」という言葉がありますね。
聞いたことはあるけれど、内容までは詳しく分からない・・という人も多いのではないでしょうか。

「サブプライムローン」という言葉を分けて考えてみると、「サブ」「プライム」「ローン」になります。
「ローン」はよく知られている言葉で、銀行などがお金を貸し付けることを意味しますよね。車やお家を購入する時など、まとまったお金が必要な場合にローンを組んで資金を得た後に、定期的にお金を返済していきます。

「プライム」とは、「優良である」という意味があります。
ここでいう優良とは、優遇された金利でお金を借りることができる高所得者のことを指します。プライムにサブをつけたサブプライムとは、次に優遇された条件の人、という意味でとらわれがちですが、実際にはプライムとはかけ離れた存在であることを意味します。
「サブプライム」とは、収入が少なく、ローンを返済していくことに対して信用性に欠ける人達のことを指します。サブプライムローンとは、つまり、「通常では借りられない人々に対するローン」であるということです。

日本にもサラ金などのようにこれに似たローンはありますが、同じような内容の住宅ローンは存在しません。
サブプライムローンは、アメリカでマイホームを持つことがブームとなった2004年頃から広く普及されるようになりました。
現在では、アメリカで貸し付けられている住宅ローンのうち、約15%がサブプライムローンであると言われています。

おまとめローン 最新金利ランキング発表!



posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 12:07 | Comment(0) | サブプライムローンとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FX取引用語 証券アナリスト

現在、アメリカを始め、世界の銀行 証券市場は大きな不況の波に飲まれています。
無論、日本も例外ではありません。
日本における国内株取引は、こぞって多くの銘柄が大きく値を落とし、投資家の頭を悩ませています。
回復の見込みも今のところ薄く、国内における金融取引に限界を感じている方も少なくないでしょう。


そんな中、注目されているのがFX取引です。
FXには不況に強いという一面があり、そこに目を向ける投資家が急増しています。
そして、それをいち早くアナウンスしているのが、証券アナリストです。
証券アナリストとは、分析家の事ですね。
FX取引用語の一つとしても紹介されているこの証券アナリストは、証券会社アナリスト、といった使われ方をします。
この場合は証券会社について分析している人のことをさすのです。


証券アナリストレポートというのもありますが、これは銀行証券アナリストの分析をまとめた文章です。
FX用語を知らないとしっかり意味を把握できないので、用語を事前に勉強する必要がありますが、このレポートは初心者、上級者に関係なくとても便利なものです。
何故FXが不況に強いのか、今のFX取引がどのような状況なのかといった分析も各所で行われているので、FX取引に興味がある方はまず銀行FX用語を勉強して、その後このレポートを見ると良いでしょう。

分析家というのは、その道のプロです。
ですが、必ずしもすべての言葉が正しいというわけでもありません。
あくまでも分析というのは過去の事例やデータを整理し、それから未来を予測する為のもので、確実ではないのです。
利用する際にはその点も注意しておきましょう。





posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 09:11 | Comment(0) | 金融・証券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私達の生活に影響を及ぼすサブプライムローン

   Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

私生活に影響を及ぼす
不動産投資はどうなる?「サブプライムローン問題」

アメリカのサブプライムローン問題は、アメリカだけでなく欧米や日本の金融市場にも様々な影響を与えています。
まだしばらくはこの問題は続くと考えられていて、今後、さらに色々なところに影響を及ぼすことが予想されています。
現在、私達の生活に直接大きな影響を与えていることといえば、ガソリン価格や、物価も不安定なものがありますよね。
いったいいつまで続くの?と頭を抱えている人も多いかと思いますが、これらの出来事にはサブプライムローン問題が少なからず影響しているのです。
サブプライムローン問題によりアメリカの金融市場は低迷し、「ドル安」が進んでいます。
ドル安になっているということは、米ドル価格での交換比率が不利になっているということで、その分供給される原油や資源の価格が上昇してしまうということになっているのです。
原油や資源の価格自体が上昇しているのではなく、米ドルの価値が低下してしまったことを意味しています。
その他にも、ドル安は、日本の企業の競争心を奪うことにもつながってしまいます。
ドル安は、つまり円高ということですが、例えば自動車を例にとってみると、1ドル125円の時は、100万円の自動車は800ドルということになりますが、1ドル100円の円高になると、100万円で売るためには、実際には1万ドルで販売しなくてはいけないということになります。
これでは企業側のやる気も失せてしまいますよね。
日本にとって景気低迷のきっかけとなってしまい、今後もマイナス材料となるわけです。

金持ち父さん貧乏父さん

金持ち父さん貧乏父さん

  • 作者: ロバート キヨサキ
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2000/11/09
  • メディア: 単行本



金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント

posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 11:34 | Comment(0) | サブプライムローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

危険性をもつ日本の住宅ローン


アメリカだけでなく、世界各国の経済事情に大きな影響を与えたサブプライムローン問題は、決して人事ではありません。
現在の日本の住宅ローン事情も、サブプライムローンと同じような危険性を持っていると言えるのです。

金融機関090108jpg

その理由は、サブプライムローンは、低所得の人や、過去に借金を返済することができなくなった人など、通常のローンを組むことが難しい人でも手軽に利用することができるローンです。
その結果、返済できなくなる人が増え、多くの不良債権を出す結果となってしまいました。
現在の日本はどうでしょうか?
日本のの住宅ローン事情をみてみると、100%ローンで借り入れしている人は、全体の27%程度になりますが、そのうち年収400万円以下の利用者の割合は21,3%にものぼるのです。
また、リスクの高い「変動金利型」のローンを利用している人は、低所得の人ほど多く利用している傾向にあり、さらに100%ローン利用者は、変動金利型ローン利用者の中で29,9%にものぼります。

低所得の人や、収入が安定していない人でも利用しやすいローンはたくさんあるのですが、やはりサブプライムローン問題のように、「リスクを伴う」ということをよく考えておかなければなりません。特に変動金利型のローンは注意が必要です。

これから変動金利型のローンの利用を考えている人は、高金利になった場合のことをよく考え、自分の将来設計に合ったものであるのか、しっかり考えてから利用するようにしましょう。借入額は無理をせず、安心して返済できる額にとどめておきましょう。


お金を借りたい!だったらまずは金利ランキング!
posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 08:45 | Comment(0) | 危険性を持つ日本の住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サブプライムローンに似た日本の住宅ローン


アメリカだけでなく、欧州や日本など、世界各国の経済事情に大きな影響を与えているアメリカの住宅ローン「サブプライムローン」ですが、日本の一般的な住宅ローンにも、サブプライムローンに似た危険性を持っているローンがたくさんあります。

サブプライムローンは、高金利ローンとして知られていますが、最初の数年間は低金利で利用しやすいという点が大きな特徴です。
低所得者でも気軽に借り入れしやすく、また金利が上がった時には不動産を担保に別のローンに借り換えることが容易だったために、たくさんの人に利用されていました。
結局、不動産の価値が下がり、また金利も上昇したことで返済できなくなる人が増えてしまいました。不動産を売却しても回収することができなくなり、不良債権が増えることとなってしまったわけですが、最近の日本の住宅ローンは低金利競争が激しく、サブプライムローンのような借り入れしやすいローンが増えているのです。

ですがこうしたローンは、最初の3年や5年間は固定金利で安心ですが、それ以降は金利の優遇幅がかなり小さくなり、金利が上がって返済に苦労してしまう場合があります。

現在の日本では、住宅の価格は上向きなので、借りかえることも可能ですが、サブプライムローン問題のように、いつ状況が変わるか分かりませんね。

ローンの金利上昇による不安をなくすためには、目先の金利の低さにまどわされることなく、初めの金利は多少高めでも、10年以上の長期固定型のローンを選ぶことをおすすめします。

儲けるのがこんなに簡単だったなんて・・・
posted by サブプライムローン 不動産投資 記録の細道 at 18:43 | Comment(0) | 公的住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
安い快適楽天BB
深刻な不況により、不動産価格が軒並み値下がりしています。
首都圏のマンションの在庫はなんと1万戸!
値引きの平均は20%引。住宅ローン減税も手伝って、
今がお買い得と思われる方も増えています。

一方、この不況下で住宅ローンは通るのか。
大きい買い物をして大丈夫か。
と不安を抱えている方もいらっしゃると思います。

はじめて不動産を売買する方に向けた無料のコンサルティングが
受けられます。

無料コンサルティング

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。